糖尿病と関節痛に関係が?!伴う疾患の改善は可能か?

糖尿病と関節痛に関係が?!伴う疾患の改善は可能か?

肩や腰、ひざ関節が痛いなど関節痛にお悩みの方は多いでしょう。関節が痛ければ、関節痛によく効く薬を飲んで対処しようとする人もいるかもしれませんが、少し待ってください!実はその関節痛はただの関節痛ではなく、糖尿病が原因となって引き起こされている場合もあるのです。

 

糖尿病と関節痛は全く関係ないと思いきや、実はとても深い関係がありました。糖尿病を患っている事が原因で、関節が痛くなっているケースもあります。

 

糖尿病について

 

糖尿病は別名では「贅沢病」と揶揄される事もある病気です。現代、日本も飽食時代にあるので、自分が食べたいものを食べたいだけ食べられる時代です。食べられるメニューの選択肢も昔と比べて圧倒的に広いです。食品があふれる中で、自分の好みのものを食べるという、贅沢な習慣がついてしまう事で、糖尿病のリスクも大きくなってしまうのです。

 

糖尿病は合併症になりやすい

 

糖尿病は様々な病気と合併しやすい病気です。糖尿病患者の中には、腰やひざ、肩に痛みを覚える人も多いでしょう。原因は明確ではありませんが、インスリンが不足する事により、骨や関節の代謝が悪くなってしまい、関節痛や骨粗鬆症が引き起こされると言われています。

 

本来「インスリン」と呼ばれる物質が体内に不足してしまう事で発生してしまう病気だという事が分かっています。糖尿病は完治する事がなく深刻になるケースもありますが、意外にも初期症状がほとんどありません。そのためしばしば本人が糖尿病であることを気付かないで過ごしてしまう事も多いです。そのまま放置してしまっていると、だんだん病気は悪化してきてしまい、のどが異常なほど乾いてしまうこともあり、全身がだるくなるなど様々な症状が出てきてしまいます。合併症によって、コレステロールや中性脂肪が増加してしまう恐れもあります。

 

関節痛とは?

 

一方で関節痛は関節の周辺で炎症が起こっている状態です。軟骨部分が少しずつ減少し、損傷してしまう事で発生してしまうため、病気という事ではありません。感じる痛みはそれぞれですが原因が少し違っています。そのため関節痛が長く続く場合には、ご家族や親せき、糖尿病の人が多い場合には、すぐ専門医に相談してみるといいでしょう。早期に治療していく事によって、関節痛や合併症を防いでいく事ができます。

 

関節痛や糖尿病を緩和していくにはどうしたらいいの?

 

糖尿病には運動療法が効果的ですが、なかなか病院に行く時間がとれない人は、まずはその辛い関節痛の痛みを抑えるために、最低限度の処置として薬で対処していくといいでしょう。

 

ダメージを受けた関節を守ってくれるのはコンドロイチン、神経に直接作用して、痛み自体を緩和してくれるビタミンB1やビタミンB6が配合された医薬品を選んでいきましょう。