生理時に起こる関節痛の緩和は可能?酷くなる前の対処法

生理時に起こる関節痛の緩和は可能?酷くなる前の対処法

生理前や生理中は、関節痛になってしまう女性が多いです。それはどうしてなのでしょうか?

 

また生理と気に発生する関節痛を緩和していく事は、可能なのでしょうか。対処法を知っていれば、生理時に関節痛が発生した時もひどくなる前に対処していく事が可能です。

 

どうして生理時は関節痛になりやすいの?

 

生理前や生理中に毎回関節痛になるという女性は、どうして生理に関節が影響してくるのか不思議に思う人もいるでしょう。その原因は一つだけではありません。一番多い原因としてはPMSが関係しています。PMSによって生理前特有の症状が出てしまいます。

 

PMSには、次のような症状があります。
・イライラしやすい
・関節痛
・集中力の低下
・頭痛
・吐き気
・ひざの痛み

 

関節痛もPMSの症状の一つなのです。関節痛の他にも様々な症状があります。人によっても症状に違いがありますが、場合によっては学校や仕事に行く事ができなくなってしまう事もあるでしょう。

 

生理前には、生理を迎える準備を行うためにホルモンバランスが変化していきます。その時体に水分をためこみやすくなり、リンパの流れにも悪影響が出てきて、むくみが出てきてしまいます。このむくみが原因で、関節痛になってしまうこともあるでしょう。

 

生理前は体重が増加しやすく、関節に負担がかかりやすいために関節痛になりやすいのです。痩せ型で普段身軽な方でも生理前になると体がズドーンといつもより重くなったように感じ、太ったかのように感じることもありますよね。そんな時は体重の重さで関節痛になりやすいです。

 

ホルモンバランスの乱れによる原因

 

生理前から生理中にかけて、女性ホルモンのバランスは大きく崩れてしまいがちです。子宮内膜を体外に出すホルモンである「プロスタグランジン」も、関節痛に影響しています。生理時はこのプロスタグランジンを過剰に分泌されるため、子宮に炎症や収縮が発生しやすく、生理痛や関節痛になりやすいのです。

 

生理時の関節痛を緩和する時の簡単な方法

 

一番簡単に関節痛が緩和できる方法と言えば体を温める事です。生理になると下半身の血流がどうしても悪くなってしまいがちです。
そのため、体を温めておくようにするといいです。生理になると下半身の血行は悪化しやすくなってしまうので、お風呂で下半身を温める事によって血流が改善してくるでしょう。

 

血流が良好になれば、関節痛の痛みが緩和され改善していけるでしょう。お風呂だけでなく、カイロを貼る、血流を良くする食べ物を積極的に食べる、ストレッチをする事でも改善可能です。

 

ビタミンB1を摂取する

 

生理痛緩和に使用される薬として使われる、ビタミンB1を摂取してみるのもいいでしょう。「グルコンEX」には、ビタミンB1の他にも様々なビタミン類が配合されています。さらに関節痛に効くコンドロイチンなども配合されているので、生理の時に関節痛になりやすいという人にはおすすめです。痛みを緩和する事ができ、改善する事もできます。サプリメントではなく医薬品になるので効果が認められています。