アルコールのせい?お酒を飲むと関節痛が酷くなる人の原因と対策

アルコールのせい?お酒を飲むと関節痛が酷くなる人の原因と対策

お酒を飲むと関節痛がひどくなる人がいます。そこで今回は、その原因や対策にはどのようなものが挙げられるのかご説明していきます。

 

お酒のせいで関節痛になってしまう原因

 

お酒を飲むと関節痛がひどくなってしまう人がいます。人間の体には多くの水分が含まれています。そして体内の水分量の変化によって、関節痛の症状が出てきてしまうでしょう。体内の水分量とお酒の関係はとても強く、お酒の成分でもあるアルコールを分解していくプロセスで大量の水分が消費してしまうことになります。これが関節痛の原因となります。

 

飲酒によって体内の水分バランスが変化してしまう事が、関節痛の原因になるものです。飲酒によって体内の水分バランスが崩れてしまう事が、関節痛以外にも体の不調となって現れてしまうのです。

 

片頭痛

 

片頭痛は、水分バランスが変化する事によって片頭痛が発生してしまいます。お酒による片頭痛は「アセトアルデヒド」による二日酔いと水分バランスの乱れが原因です。飲酒によって体内の水分バランスが変化する事によって、むくみの症状が出てしまう事があります。むくみの症状は、人によって下半身のむくみや顔のむくみが挙げられます。そのため部位がそれぞれ異なっています。お酒を飲んだ後、関節痛に加えて片頭痛やむくみなどの症状が出てしまった時には、水分内のバランスが乱れているサインです。

 

飲酒後には水分バランスに注意しよう

 

お酒を飲んだ後に関節痛や片頭痛、むくみになってしまうのは、水分バランスの変化が原因の可能性もあります。飲酒後には水分バランスに気を使っていき、アルコールの分解によって失った水分を補うようにしましょう。お酒を飲むと体が痛くなってしまう症状は、正式には「アルコール性筋炎」と言っています。関節痛の他にもマヒや脱力感が出る事もあります。

 

ビタミンやミネラルが不足する事が、アルコール性筋炎の原因と言われています。お酒を飲んだ時、アルコールを分解するために大量のビタミンを必要とします。ほとんど食物を摂らず、お酒ばかり飲んでいる時や吐いてしまう事があると、栄養分の吸収や代謝が悪くなってしまいます。そしてビタミン不足になってしまい悪循環です。

 

お酒に弱い人は、嘔吐が原因になってしまう事もあるでしょう。大切なのは嘔吐してしまうまで飲まないようにする事です。嘔吐してしまったら、ビタミンやミネラルはますます不足してしまい、関節痛のもとになってしまいます。

 

ビタミンやミネラルをとって関節痛防止

 

アルコール摂取による関節痛を防ぐには、ビタミンやミネラルをしっかり補給する事です。豚肉や枝豆、マグロなどを積極的に摂っていきましょう。