更年期の症状の一つ関節痛@原因は?出来る対策はこちら!

更年期の症状の一つ関節痛@原因は?出来る対策はこちら!

更年期障害になると、関節痛も伴ってしまうことがあります。そこで今回は、その対策法についてご紹介していきます。

 

更年期ってどういうもの?

 

働き盛りでも更年期になってしまうことがあります。更年期になってしまうと、これまでとは違った体調や心理になることがあります。更年期障害が深刻になれば、実生活に支障をきたしてしまうこともあるでしょう。

 

更年期はだいたい45〜55歳の間になることが多いです。更年期になると手指や手首、足首の動きが悪くなってしまうことがあります。そして痛みやしびれが出てしまうのです。特に手は、家事や育児、仕事でよく使う部分です。その部分が不調になってしまうと、当然使いづらくてなかなか作業が進まなくなってしまうでしょう。何かするたびに手足に痛みや不調が出てしまうと、それだけでストレスになってしまうでしょう。

 

周りが予想するよりも、更年期障害は本人にとって辛いものです。更年期障害といっても個人差があるので、人によって症状の出方には様々なタイプがあります。また更年期障害かと思っていたら、実は病気が潜んでいた…なんてこともあります。不調や痛みの背景に隠された病気がないかどうかも確認が必要です。

 

関節痛になることもある!その原因は?

 

更年期になると、どういうわけか関節リウマチになってしまう人がいます。関節リウマチとは膠原病の一つで、原因はよく分かっていませんが、体内の免疫システムに異常が発生していることが原因となります。こうなると自分の正常な細胞を攻撃してしまう事になり、関節に炎症が起こってしまうでしょう。

 

指の痛みや腫れ、変形が生じる事もあり、危険な症状でもあります。関節リウマチの初期症状としては、朝起きた時に手がこわばってしまいます。起床時のこわばりは、更年期障害ではよく見られるケースです。さらに更年期障害の場合、手を握る・開くなどしていると、数分ほどでこわばりが抑えられてきます。しかし1時間続いてしまうような場合には、関節リウマチの可能性が高いです。

 

いずれにしても、関節痛がある場合は異常を察知し早めのケアが必要です。手遅れになってしまうと、生活にますます支障をきたしてしまう事になり、不便になってしまうでしょう。

 

更年期に関節痛になってしまったらどうすればいいの?

 

もしも更年期障害になってしまって関節痛が起こったなら、指先に強い力を加えるようなことや重い荷物を持つことは控えるようにしましょう
また極度のストレスは女性ホルモンの減少によって乱れてしまうので、さらに自律神経のバランスを崩しやすいです。十分な休息やリフレッシュも心がけておくようにしましょう。

 

家族の協力も必要です。手軽にできるセルフケアを続けていき、栄養バランスのとれた食事や適度な運動も取り入れていきましょう。