インフルエンザで関節痛になるのはなぜ?その時体に起っていること

インフルエンザで関節痛になるのはなぜ?その時体に起っていること

インフルエンザを経験したことのある人であればお分かりでしょうが、インフルエンザで関節痛になってしまう事があります。その時体ではどのような事が発生しているのか不思議ですよね。

 

そこで今回は、インフルエンザによって関節痛になってしまうのはどうしてか、その時体ではどのような異変が起こっているのかについて触れていきます。ぜひご参考にしてみてください。

 

インフルエンザに関節痛になってしまう原因はプロスタグランジン?

 

インフルエンザの主な症状と言えば、突然の高熱、のどの痛み、だるさなどが挙げられます。しかしこれに加え全身の関節が痛くなる「関節痛」が発生することもあります。その原因はインフルエンザウイルスではなく、プロスタグランジンという物質です。

 

プロスタグランジンとは、体内で分泌される物質の事を言っています。単体で分泌されるものではありませんが、どのような状況で「プロスタグランジン」が分泌されるのかというと、体内にインフルエンザが入ってきた時、ウイルスから体を守るための「サイトカイン」という物質が白血球から分泌される時です。サイトカインは過剰に分泌されるので、分泌量が増加してしまうと臓器を機能不全にしてしまいます。そこでプロスタグランジンが分泌されるのです。

 

プロスタグランジンには、サイトカインの過剰な分泌を抑える働きがあります。サイトカインの生成を抑制するだけでなく、血管を拡大させて、血流を良くしてくれる働きがあります。発熱させてウイルスの増殖を防ぎ、免疫反応を高める働きもあります。インフルエンザによる関節痛は、体の免疫細胞がウイルスと闘っているサインだとも言えるでしょう。

 

インフルエンザによる関節痛はこうして改善する!

 

インフルエンザによって関節痛になってしまっても、それは免疫細胞がウイルスと闘うために痛みが出ているという事です。そのため関節痛を和らげる薬を飲むよりもインフルエンザを治そうとする事が先決です。関節痛と共に38度以上の熱や体のだるさがある場合には、インフルエンザの可能性が高いです。

 

病院を受診し、インフルエンザと診断されたなら抗インフルエンザ薬を処方してもらうといいでしょう。インフルエンザの治療を行うことで、関節の痛みもだんだん和らいでいきます。インフルエンザの時の関節痛としては、次のような方法があります。

 

・解熱鎮痛剤を使う
・患部を冷やす

 

痛みがひどい場合には、解熱鎮痛剤を使用してみてもいいでしょう。ただし市販の解熱鎮痛剤の中には、インフルエンザで脳症を起こしてしまうリスクのある成分を含む薬もあるので注意しましょう。