冷えによる関節痛には対策がある?冷え取り方と痛みの改善方法なる人の原因と対策

冷えによる関節痛には対策がある?冷え取り方と痛みの改善方法なる人の原因と対策

冷えてしまうと関節痛になりやすくなってしまう人もいるでしょう。しかし、どうして体が冷えると関節痛になりやすいのか気になりませんか?
そこで今回は、冷えの取り方や痛みの改善法についてご紹介していきます。原因と対策を知っていきましょう。

 

寒くなってしまうと、肩こりや関節痛を訴える人が多いです。どうして冬になると痛みが出てしまうのでしょうか。その原因や対策についてご紹介していきます。

 

関節痛を引き起こす原因は血行不良?

 

痛みを引き起こしてしまう原因の一つと言えば、血行不良が挙げられます。寒さを感じてしまうと、体温を逃がさないようにして手足や体表などの末梢血管が収縮してしまいます。そうなると周りの筋肉が血液不足になってしまい、硬くなってしまうでしょう。そして筋肉や腱などの軟部組織は、温度の変化によって硬さが変化するという性質を持っています。

 

寒冷時に軟部組織はかたくなっていき、縮む、伸びるなどする事があります。そんな時、付着部分に力が加わってしまうと、痛みの原因になってしまうのです。さらに寒さで余計に痛みが敏感になってしまうことがあります。手足のしびれは筋肉と筋肉の間を通っているので、筋肉がかたくなって圧迫されてしまうと、痛みやしびれを起こしやすくなってしまいます。

 

人によって違いがありますが、特に痛みが出やすいと言えば腰やひざ、肩の関節です。特に仕事やスポーツで普段から関節に負担をかけやすい人は、関節の中でクッションの役割を果たしている関節軟骨がすり減ってしまい、余計に関節痛になりやすくなってしまいます。そのため注意が必要です。これらと寒さがあいまってしまい、痛みが発生してしまうのです。痛みの原因を見てみると、対策はハッキリしています。

 

体を温めて筋肉をよくほぐしていく

 

まずは体を温め、こわばった筋肉をほぐしていきましょう。そして温かい服装で体の冷えを防ぎ、帰宅後は入浴して体の芯から温まるようにします。飲食物も温かいものを中心にとった方がいいでしょう。

 

適度な運動が関節痛にいい?

 

適度な運動で血行を良好にするように努めましょう。スポーツをやっていて痛みが出てしまった場合には、無理せず運動した方がいいです。運動を完全ストップする必要はありませんが、適度に運動する事によって筋肉量を少しずつ増やしていく事ができます。筋肉が発する熱量も増えてくるので、寒さに強くなれるでしょう。関節を支える力もついてきます。